ホテルライクな家づくりスタート

建築検討中

ホテルライクへの憧れ

今、年間ホテルに何泊もする生活をしてます。ホテルに宿泊する理由としては、単純に出張であったり、プライベートな旅行であったり、また、遠方から友人が来た時に一緒に泊まったり、そして、自宅とは、異なる空間でリフレッシュするために泊まったり・・・。そのような中で将来、ホテル暮らしが出来たらいいなぁという夢がありますが、庶民の私にとっては、夢で終わりそうな感じです。ただ、生活感あふれる家からホテルライク空間を作るぐらいであればできかなと思いました。

ホテルライクな家づくりを始めるきっかけ

なんとなく思っていた事・感じていた事から具体的に行動するきっかけになったのは、【家の老朽化の深刻であると感じたから】です。築45年程度であり、トイレのリフォームと一部の床板を張り替えた程度で現在に至ります。
そろそろ何かしなくては・・・と感じていましたが、大きなきっかけがありませんでした。2018年の台風21号で屋根瓦が3枚飛んだり、数年前に2階の外水道が凍結して破裂したり、床が軋んだり・・・と小さい事は、起きていました。屋根瓦が飛んだ時は、さすがに業者に修理を依頼しましたが、凍結で水道管が破裂した時は、ちょうど外壁をつたって水道管が伸びていて、破損したか所の元栓側にバルブがあった為、バルブを閉じるだけで破損した水道管は、そのまま。床は、軋んでいますがとりあえず避けて通ればいい。こんな感じで過ごしていました。
そして、2019年8月の終わりごろに側溝に水たまりがあった事に不思議に思いました。いつも同じ場所にずっと水たまりがある・・・・これは、おかしいなぁと思い色々と確認してみたら、外水道のところに水たまりあり、その水が下から漏れて側溝の方まで出て行ったと思いました。外水道の蛇口から水が漏れているように感じましたが、その後、さらにいろいろと確認してみると外水道の下から水が湧いてきました。外水道は、コンクリートかモルタルでおおわれているので業者に依頼しないと修理出来ません。真夏に水道管の破裂の原因と考えられるのは、【ただの老朽化】です。元栓を閉じると水が湧き出てこなくなったのでメーターから家側であることが明らかなのですが、パイロット(水道メーターのところにある銀色の部分で水が流れると回るものです。止まっていれば水が出ていないという目印として利用されます。)が動いていなかったので極小さい穴が空いているだけと推測されました。業者を呼んで修理することもできますが老朽化が原因である為、今回、破損個所を修理しても数年後にどこかから漏れて修理する必要があるかもしれません。その都度修理するか?すべての水道管を入れ替えてしまうか?また、水道管の他にもガス管も入っているため、ガス漏れの可能性があっても不思議ではない年月を経過しているし・・・そうなると、フルリフォームをするか?建て直すか?という選択肢が出てきました。

今後の選択肢から何を選ぶべきかの検討

今後の選択肢は、4つです。

  1. 今回破損した水道管のみを修理してもらう
  2. 水道管のすべてをリフォーム
  3. フルリフォーム
  4. 建て替え

費用的には、破損したところだけを修理する方が安いのは明らかですがそれでもコンクリート(モルタル??)を壊して行うこととなるのである程度の金額になります。
水道管だけをすべて直しても築45年ともなればガス管も心配です。
一から建て直すよりフルリフォームの方が若干でも安いのは、明らかなのですが、実は、2階建ての住居ですが周辺は、みなさん3階建ての地域です。しかも後から隣の土地を買い増ししており、建蔽率や容積率が余っており、新しくするなら広い方がいい!!となります。
ただ、具体的に検討しないとわからない事なのです。
とりあえず、第一選択肢として【建て替え】を検討することといたしました。建て替えを具体的に考えていく中で建て直しのメリットが低ければ【フルリフォーム】等を考えていきたいと思います。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

マイホームランキング
マイホームランキング
▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。
 
建築検討中
りょうくんをフォローする
ホテルライクで大空間の家を建てる(施工:アキュラホーム)blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました