アキュラホームで家を建てました。Web内覧会

ホテルライクな家・部屋の構想と実例

色々とありましたが完成して引き渡しされましたので内部を公開いたします。

※内覧会ですので照明器具がついていません。また、カーテンなど家具も一切ございません。

一階の間取りについて

最初は、一階からですね。

玄関の広さは、土間部分が2帖とホール部分が2帖あります。そして、片側には、天井まであるシューズクロークです。このシューズクロークが天井まであるので少し玄関が狭い感じがする方もいらっしゃることと思います。

個人的ポイントとして、このシューズクロークは、【壁支え】にしてもらいました。一番下の段の板をつけないようにしてもらいました。個々の考え方次第ですが、私の場合は、【スーツケースをしまう空間】としてこのようにしました。実際にスーツケースをしまうと下の部分が見えてしまいますが、ある程度の頻度で着替えだけ入れ替えてまた出かけたりという感じで、玄関に置きっぱなしという事も過去多々あったので、このようにしました。もしも、スーツケースを置かない場合でも、靴を置く程度の板は、手軽に手に入りますし、荷重もそんなにかからないと思います。

階段は、折り返し階段で、階段下をトイレにしました。半間分ずらしているので高さ的には、特に問題ありません。奥の部分、少し傾斜するようになっていますが便器の位置なので問題なしです。

一階のお部屋は、構造との兼ね合いもあり、6畳+クローゼット1畳が2部屋と8畳となります。片方は、8畳と稼働間仕切りによって仕切っているため、開放すれば、14畳+クローゼット1畳にもなります。

トイレ リクシル ベーシア(アメージュZAシャワートイレ)

トイレは、ホテルライクなイメージの場合は、タンクレスタイプとなるかもしれませんが追加でかなりかかります。標準仕様の範囲でTOTOとリクシルを比べた場合、リクシルの方がいい感じがしたのでリクシルにしました。ベーシアというものですがハウスメーカー向けの商品で一般は、アメージュという商品となります。違いは、聞きましたがよくわかりません。瓜二つですので(笑)

一般的には、タンク式のトイレなのでタンクの上に手洗い器がついていますが、一階については、来客等様々なことを考慮して、廊下部分にトイレを設置したため、手洗い器も別にしました。また、新型コロナウイルス対策として、自動温水システムを入れておきました。玄関はいってすぐに手洗いが可能です。

浴室 TOTO サザナ

浴室は、1階2階ともに基本的に同じ仕様です。TOTOのサザナというシリーズです。

基本は、白ベースでアクセントパネルは、【マルキーナグレー】というものにしました。お風呂よりも先にキッチンを決めていて、キッチンの色に近い色にしたらマルキーナグレーというものになりました。ほぼアキュラホームの標準仕様になります。違うのは、ランドリーパイプを一本追加した程度です。

TOTOにした理由は、基本的にシャワー派なので立った状態で使いやすいかどうか?という事でした。ほかのメーカーでどうにもならなかったポイントは、蛇口の高さです。立ったまま腰を曲げずに楽にできるように高めを選んだところTOTOになったという事です。

あと、値段です。鏡が縦長の方がいいんですよね。標準仕様が横長だったりすると追加料金で縦長にすることになるので、元から縦長のTOTOサザナを選ぶこととなりました。

ちみなに広さは、1616で1坪サイズです。尺モジュールの標準です。

洗面 アイカ工業

洗面は、ホテルライクのイメージからかけ離れてしまうと考えてアキュラホームの標準仕様から変更しました。アキュラホーム内でもオプション的に変更ができるメーカーでアイカ工業製の洗面台になりました。

比較的シンプルな感じで収納等がありませんがホテルライクなイメージを損なわない為です。アキュラホーム仕様より若干変更もしていて見た目は、さほど変わりませんが蛇口を変更しています。先端が取れて伸びるようになっています。アキュラホーム仕様だと、固定式になっています。ホテルライクというキーワードで考えると蛇口が固定されていてもいいと思いますが、家庭での実用性を考えると動かせた方がいいですよね。今では、一般的な洗面台であれば蛇口が動くと思います。ちなみにサイズは、半間サイズ750mmです。

ちなみに2階だけは、TOTOの即湯器をつけています。

鏡をつけていませんが、アイカ工業の鏡が淵が幅広くホテルライクなイメージと少し違ったので壁から壁までの鏡をつけてもらおうとしてら価格が高かったので自分で手配することとしました。そのため引き渡しの時点では、鏡がありません。

キッチン クリナップ STEDIA

キッチンは、オプションで吊戸棚とその照明を追加しました。クリナップになった理由は、価格です。他社と仕様を同じにしてもらったところ一番安かったという事です。

色は、マリンウッドダークというもので家電量販店のリフォームコーナーとかに同じ仕様があって決めました。

食洗器は、アキュラホーム標準仕様です。

二階の間取りについて

二階のドアを開けるとすぐにキッチンになります。いろいろと考えた挙句、この場所になりました。ホテルライクをイメージした時にどうしてもキッチンがその妨げとなっていて、キッチン室も考えたのですが結局中間的にこの位置に来ました。

構造的には、L字型の26畳の空間となりますが、ホテルライクとの兼ね合いで、キッチン6畳、廊下1畳、クローゼット1畳、そして16畳の空間とウォークインクローゼット2畳とクローゼット半畳となりました。 ライフスタイルが変化したらクローゼットを壊して26畳の大空間にできます。

ここが寝室兼リビングとなります。

3階の間取りについて

三階は、階段を上がって入ると29畳となります。ワンルームです。構造上、柱を2本ありますがそれだけです。大空間です。敷地面積等によりこれが限界の広さでした。

この状態であれば、この後お部屋を作ることも自由です。

この大空間を作ってもいいよってなったのがアキュラホームと積水ハウスでした。ほかの多くのハウスメーカーは、こんな間取りを考えたくないという感じでした。これだけの空間を作っても耐震等級は3です。

1階の間取り図

左が現在の間取り図  右が将来的に構造上可能な間取り図

将来、玄関をもう一か所作って二世帯住宅にすることも可能です。それに伴いトイレのドアも反転できるようにしてあります。また、キッチンについても設置できるように配管済みです。

2階の間取り図

左が現在の間取り図  右が将来的に構造上可能な間取り図

将来的に26畳の空間にして大空間のLDKにすることも可能です。壁が一枚だけありますが、構造上どうしても入れておきたかった壁です。

3階の間取り図

左が現在の間取り図  右が将来的に構造上可能な間取り図

将来的に3部屋程度に分けることを想定して窓やエアコン照明等を配置してあります。三階なので比較的自由に間取りを作ることが出来ます。天井の照明のスイッチだけは、外側の壁につけるしかないので部屋を作った場合に少し不自由さを感じるかもしれませんがリモコン仕様にしてもらえれば問題解決です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました